【再掲載】ウクライナの写真が問いかけるもの 「思う」ではなく「考える」~「何も考えずに募金をするような形だけの支援はやめた方がいい」

設立発起人「木村真三」の取材記事がNHK松山のページで紹介されています。

「みんな思うことはあっても考えない。それじゃいけないんです」

「ウクライナ支援のための募金」といった呼びかけは、各地で行われていますが、木村さんは「何も考えずに募金をするような形だけの支援はやめた方がいい」と話します。
「募金をしてもそれが弾丸や銃に変わってはいけないんですよ。難民を支援している団体や医療支援をしている団体に寄付をするとか。だから『目に見える支援』ということを考えなくてはならない」

https://www.nhk.or.jp/matsuyama/insight/article/20220406-

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。